富士通ESPRIMO WFB/E3レビュー

ESPRIMO WFB/E3はオールインワンタイプのデスクトップPC。4辺狭額フレームを採用しています。

富士通ESPRIMO WFB/E3レビュー

WF1シリーズはフレームが狭いので、野暮ったさをまったく感じません。すごくスタイリッシュです。

ESPRIMO WF1シリーズの主な特徴はこちら。

  • スタイリッシュなデザイン
  • 明るく見やすいパネル
  • 置き場所に困らない省スペースなオールインワンPC

ここでは、ESPRIMO WFB/E3の特徴・デザイン・スペック等について詳しく解説します。

*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ず富士通Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機です。

1)狭額フレームを採用

ESPRIMO WFB/E3はディスプレイの4辺とも狭額フレームを採用しています。

指と比べると、その薄さがよくわかります。

狭額フレームを採用することにより、デザインのスタイリッシュさが増す/画面を見ているときにフレームの存在が気になりにくい、というメリットを享受できるようになります。

液晶は23.8インチ。座ると、目の前に画面が広がる感じです。

B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。

高輝度・広視野角液晶パネルを採用しており、画面が非常に明るくて綺麗。

自分で撮影した風景写真を映し出してみました。色の表現が鮮やかで、黒もしっかり表現されています。

視野角も広めのため、斜め方向からでも見え方に変化はほとんどありません。

すごく瑞々しく表現できるので、映像を見ていても臨場感があります。文字つぶれもなく、細かいところまでしっかり描写できているため、非常に見やすいですね。

液晶表面には光沢加工が施されているため、見る角度によっては、パネル表面に映り込みが発生します。すごく激しい映り込みが発生するわけではなく、にぶく反射するイメージ。

最大解像度はフルHD対応の1920×1080ドット。パネルが大きめのため、ウィンドウを複数表示させて、作業を効率化することができます。

液晶は綺麗に表示されるため、満足度は高いですね。

2)スタイリッシュなデザイン

ESPRIMO WFB/E3はスタイリッシュなデザインを採用。

ディスプレイ部分は直線を基調としつつ、スタンド部分は曲線を活かしたデザインになっています。

スタンド部分は、光が当たると反射し、デザイン上のアクセントになっています。

ESPRIMO WFB/E3には、ホワイトモデルとブラックモデルが用意されていますが、レビュー機はブラックモデル。ボディ全体が黒で包み込まれています。一方のホワイトモデルの場合は、液晶のフレーム部分、背面部が白です。

このデザインなら、家のどこにでも違和感無く置くことができるでしょう。リビングに置いて、みんなで使えるPCとして使うのもありだと思います。

設置面積をそれほど必要ないのがわかります。なので置き場所に困るシーンも少ないと思います。

3)スペックをチェック

ESPRIMO WFB/E3の主なスペックは次のとおり。

モデル

ESPRIMO WFB/E3

液晶 23.8型液晶 [1920×1080 フルHD]
OS Windows 10 Home 64ビット版
CPU AMD Ryzen 7 4700U モバイル・プロセッサー
8コア / 8スレッド
2.0GHz(最大ブースト・クロック:4.1GHz)

AMD Ryzen 5 4500U モバイル・プロセッサー
6コア / 6スレッド
2.3GHz(最大ブースト・クロック:4.0GHz)
メモリ 【以下より1つを選択可能】
・32GB(16GB×2)(デュアルチャネル対応)
・16GB(8GB×2)(デュアルチャネル対応)
・ 8GB(4GB×2)(デュアルチャネル対応)
・ 4GB(4GB×1)
ストレージ SSD
【以下より選択可能】
・約1TB SSD (PCIe)
・約512GB SSD (PCIe)
・約256GB SSD (PCIe)

HDD
【以下より選択可能】
・ 約2TB HDD(Serial ATA、5,400回転/分)
・ 約1TB HDD(Serial ATA、5,400回転/分)
・なし
ドライブ 【以下より選択可能】
・BDXL対応 Blu-ray Discドライブ(スーパーマルチドライブ機能対応)
・スーパーマルチドライブ(DVD±R DL(2層)書き込み対応)
グラフィックス AMD Radeon グラフィックス(CPUに内蔵)

CPUにコストパフォーマンスに優れたAMD Ryzenプロセッサを搭載。AMD Ryzen 5 4500Uモバイルプロセッサー/AMD Ryzen 7 4700U モバイルプロセッサー搭載モデルを選択できます。

メモリは4GB/8GB/16GB/32GBを選択可能。価格重視だと4GBメモリ搭載モデルになりますが、4GBのメモリ容量だと、負荷がかかると処理にもたつくシーンが出てきます。パフォーマンスにこだわるのであれば、なるべく8GB以上のメモリを搭載した方がいいと思います。

ストレージは、SSD+HDDのハイブリッド構成に加えて、SSDのみの構成も選択できます。性能重視であれば高速アクセス可能なSSDのみの構成に、価格は抑えめで大容量データを保存したいのなら、HDDの方が安価なので、SSD+HDDのハイブリッド構成がオススメです。

光学ドライブには、DVDスーパーマルチドライブ/ブルーレイディスクドライブを選べます。

グラフィックスは、CPU内蔵タイプのみを搭載可能。高性能なカードタイプのグラフィックスは選択できないので、描画処理能力を必要とする動画・画像の編集などのクリエイティブワーク/ゲームには不向きです。

4)使い勝手をチェック

ESPRIMO WFB/E3の使い勝手をチェックします。

■傾き調整機能のみを用意

液晶の傾きを調整することが可能。

高さ調整/左右回転機能は用意されていません。

■サウンド

スピーカーは本体底面部に配置されています。

この位置にスピーカーがあると床に音が反射する形になり、広がりのあるサウンドを楽しめます。実際に音楽を聴いてみましたが、やわらかいサウンドで聞きやすいです。

■接続が必要なのは電源ケーブルのみ

オールインタイプのPCのため、無線でネットに接続できれば、必要なケーブルは電源ケーブルのみ。ケーブルが邪魔にならず、見た目がすっきりします。

■HDMI入力/出力端子を用意

ESPRIMO WFB/E3には、HDMI入力端子と出力端子が1つずつ用意されています。

・入力端子→外部デバイスの映像を映し出すことが可能です。たとえば専用ゲーム機を接続してゲームを大画面で楽しめます。

・出力端子→ESPRIMO WFB/E3の表示を外部出力することができます。上の画像では、27インチモニタに出力しています(右がESPRIMO WFB/E3)。表示領域が広くなるので、作業効率をアップできます。

5)各パーツをチェック

ESPRIMO WFB/E3の各パーツをチェックします。

上面部の一番右にステータスランプ、その奥に電源ボタンが配置されています。

電源をオンにするとステータスランプが点灯します。

液晶上部にWebカメラが配置されています。

右側面部。

上部に端子類が配置されています。この構成では、上から順に、SDカードスロット、USB3.2(Gen1)Type-A×1、USB 3.2(Gen2)Type-C×1、マイク・ラインイン・ヘッドホン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子が配置されています。

なお、USB 3.2(Gen2)Type-Cには、映像出力などUSB以外の拡張機能はありません。

この位置にUSB端子があると、接続がしやすいですね。

左側面部。

上部にボタンを配置。上から順に、外部入力ボタン、明るさUPボタン、明るさDOWNボタン、音量UPボタン、音量DOWNボタンが用意されています。

明るさ・音量を調整する際、ボタンを押すと、画面左上にインジケータが表示されます。

左側面部の下部には光学ドライブを配置。

光学ドライブを引き出したところ。

背面部。

下部中央に端子類が配置されています。写真左から順に、CONNECTボタン、LANコネクタ、HDMI入力端子、HDMI出力端子、USB3.2 (Gen1) Type-A×2、電源コネクタが用意されています。

6)同梱物をチェック

ESPRIMO WFB/E3の同梱物をチェックします。

ACアダプタと電源ケーブル。

デスクトップ用のACアダプタとしては、それほど大きくはありません。

ESPRIMO WFB/E3には、ワイヤレスタイプのキーボードとマウスが同梱されます。ブラックモデルの場合にはブラックのキーボード/マウスが、ホワイトモデルの場合にはホワイトのキーボード/マウスが付いてきます。

ワイヤレスタイプだと、好きな場所に置ける、格納しやすい、コードが邪魔にならない、見た目がすっきりする、などのメリットを享受できるのですごくいいですね。

キーストローク(キーを押し込む深さ)は深め。さすがはキーボードにこだわる富士通だけあって、しっかり押し込めます。打鍵感はやわらかめ。

キーピッチ(キー間の距離)も広く、窮屈な感じはありません。快適なキータイピングが可能です。

マウスは薄型。高さがなくて使いやすいです。

キーボード/マウスを使わないときは、本体下のスペースに格納しておくことができます。

まとめ

以上、富士通ESPRIMO WFB/E3について詳しく見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

ESPRIMO WFB/E3

  • 4辺狭額フレームを採用
  • デザインがスタイリッシュ
  • 液晶表示が明るくて綺麗
  • オールインワンタイプのため省スペースを実現
  • コスパに優れたAMD Ryzenプロセッサを選択可能

4辺狭額フレームを採用することにより、スタイリッシュなデザインを実現。これなら家のどこにでも違和感なく置けると思います。

ライトな使い方で楽しみたい、家族みんなで使えるオールインワンPCが欲しい、デザインにもこだわりたい、という人にオススメです。液晶表示が綺麗なので、動画メインで使いたい場合にもオススメしたいですね。

特別クーポンでさらにお得に購入できる!

ESPRIMO WFB/E3に特別クーポンを適用すれば、通常価格よりも割引されるお得なキャンペーン実施中です(今回のクーポンは当サイト向け特別クーポンです。クーポンの割引率が変更になったり、クーポンの発行自体が終了する可能性もあるのでご注意ください。また価格コムやポイントサイトでは基本的に活用できないクーポンコードです)。

ESPRIMO WFB/E3
4辺狭額フレームのオールインワンデスクトップ
一般割引率20%

特別割引率 25% (5%アップ)

特別クーポンコード→FGR109LSJ

(*一般割引率は11/18時点の割引き率です)

*特別クーポンのクーポンコード/利用方法については、「当サイト向け特別クーポンを利用すればお得に購入できます!」を参照してください。

お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

icon icon
学割クーポン発行中!

学生/教職員の方を対象にお得な学割クーポン発行中!詳しくは、富士通学割クーポンまとめページを確認してください。

icon icon

ページのトップへ