特徴/富士通LIFEBOOK SH76/DNレビュー

富士通LIFEBOOK SH76/DNは、13.3インチ液晶を搭載したコンパクトノート。重量は最小構成で1.52kg程度と軽く、気軽に持ち運べることを想定したモバイルノートです。

CPUには、インテルCore i3/i5/i7プロセッサの3つの中から選択できます。
高性能を求める人はCore i7を、とにかくコスト重視という人はCore i3を選ぶと良いでしょう。

ストレージには従来のHDDのほか、高速アクセス可能なSSDも選択できます。性能重視の場合にはSSDを検討してみるといいかもしれません。

またバッテリ駆動時間は、標準バッテリで10時間程度と非常に長いため、外出先でもバッテリの残量を気にすることなく作業することができます。

それでは、LIFEBOOK SH76/DNの特徴について詳しく見ていきましょう。

富士通LIFEBOOK SH76/DNレビュー

天板部分の塗装がすごく綺麗!光沢加工されており表面はピカピカです。光沢加工処理されていると汚れがつきやすくて大変かなと思うのですが、このLIFEBOOK SH76/DNを触ってみても、それほど指紋や汚れが目立つことはありません。こういう細かいところの配慮はうれしいですね。

富士通LIFEBOOK SH76/DNレビュー天板

天板部分を近くで見てみると、細かい筋のような加工(ヘアライン加工)が施されているのがわかります。このため、デザイン面で非常に高い質感を実現しています。

LIFEBOOK SH76/DN軽い軽い

SH76/DNを持ってみたところです。すごくコンパクトですね。それほど重さを感じないので、どこにでも気軽に持って行けそう。

雑誌と比較

大きさはA4サイズの雑誌を一回り大きくした感じ。

富士通LIFEBOOK SH76/DNレビュー厚み

厚みもそれほどなくスリムな印象を与えます。

富士通LIFEBOOK SH76/DN液晶

液晶の表示はすごく綺麗。文字のにじみなどはありません。

このモデルでは、液晶は光沢加工されていないノングレアタイプの液晶を採用。ただし、光沢加工タイプのスーパーファイン液晶を選択することもできます。

光沢液晶は、色味が豊かなため、特に動画を再生する場合に威力を発揮しますが、その分、どうしても照明などによる映り込みが発生してしまいます。映り込みが気になる人はノングレアタイプを選択すると良いでしょう。

富士通LIFEBOOK SH76/DN液晶解像度

最大解像度は1366×768ドット。13.3インチ液晶としては妥当なレベルです。

Yahoo

Yahoo!のトップページを表示したところです。これだけの表示領域を確保できれば、狭さは感じないと思います。

富士通LIFEBOOK SH76/DNキーボード

このSH76/DNでは、コンパクトノートなのにデスクトップと同じ大きさのキーボードを搭載しています(キーピッチは約19mm)。従って、キーボードの操作性は非常に優れています。


なおこのモデルには標準型のキーボードを搭載していますが、キーの配列が独立したアイソレーションキーボードを選択することも可能です。アイソレーションタイプは隣のキーとの間にスペースがあるので、タイプミスを軽減できます。

キーボード

問題無くブラインドタッチが可能なので、すごく快適ですね。

ブライドタッチ

小さすぎて打ちにくいキーも存在せず、イレギュラーなキー配置もありません。ただ、個人的にはキーストロークがちょっと深いかなという感じがしました。もうちょっと浅めのほうが操作しやすいかな。。。

富士通LIFEBOOK SH76/DNタッチパッド

特筆すべきはタッチパッドの操作性の良さ。表面が適度にざらついており、すごく指の動きになじみます。ポインタを思ったところに移動できるのは爽快感すら感じます。これならマウスを使わなくてもストレスは感じないですね。

スクロールパッド

タッチパッドの右にあるスクロールパッドの操作性もいいですね。これ、他社ノートではあまり見かけないのですが、このパッドを指で回転状になぞることにより、画面のスクロール操作を行うことができます。慣れると扱いやすい機能ですね。

富士通LIFEBOOK SH76/DNパームレスト

パームレスト部分も、ざらつきのある加工が施されており、汚れが付きにくくなっています。長時間入力操作を行っていると、パームレスト部分が汗などでべとついて気持ち悪く感じることがあるのですが、この加工のおかげでべとつきはほとんど発生しません。すごく快適です。LIFEBOOK SH76/DNでは、こうした実用性の高さが魅力です。

富士通LIFEBOOK SH76/DNスピーカー

キーボード上部の左右にスピーカーが配置されています。音楽を再生してみましたが、高音がちょっとシャリシャリしますね。重低音の響きも今1つ。しかし、このクラスのコンパクトノートで、そこまでのサウンドを追求してもちょっと酷だと思います。真剣に聞くにはちょっと物足りないレベルかもしれませんが、音割れしたりすることはなく、バックグラウンドで、ながら再生しておくには十分なレベルだと思います。

スピーカーがキーボードの奥にあるので、入力操作しているときに手が邪魔になって音がこもることがないのもいいですね。

ワンタッチボタン

キーボードの上部には各種ワンタッチボタンが5つ配置されています。これらのボタンを押すことで、各種操作にワンタッチでアクセスできます。左から順にSupport ボタン、Internet ボタン、Mailボタン、ECOボタン、Dictionary ボタンが配置されています。

ECOボタン

興味深かったのは、右から2つ目のECOボタン。このボタンを押すと、省電力モードに設定するかどうかの確認画面が表示されます。

省電力モードに切り替えると、バッテリ駆動時間を延ばすことができますが、その分、使用できない機能が出てくるので注意が必要です。上の写真で、使用できない機能が示されています。

富士通LIFEBOOK SH76/DNレビュー

ECOモードに切り替わると、キーボード上部の左側にあるECOランプが点灯します。
ECOモードを終了するには、先ほどのECOボタンを押してECOモードから離脱します。

富士通LIFEBOOK SH76/DNモバイルマルチベイ

このLIFEBOOK SH76/DNでは、目的に合わせて装備を変更できるモバイル・マルチベイ構造が採用されています。

装着できるのは、
1)多彩なDVD メディアを利用できる「スーパーマルチドライブ」(標準添付)
2)長時間駆動を実現する「増設用内蔵バッテリユニット」(オプション)
3)外出先や家の壁に大画面で映像を映し出せる「モバイルプロジェクターユニット」(オプション)
4)軽量化を実現する「モバイル・マルチベイ用カバー」(オプション)
の4つです。

スーパーマルチドライブ

これは、標準で装備されるスーパーマルチドライブ。

増設用内蔵バッテリユニット

これは、増設用内蔵バッテリユニット。バッテリ駆動時間を延ばしたいときに使用します。

富士通モバイル・マルチベイ用カバー

これはモバイル・マルチベイ用カバー。とにかく軽量化を図りたいときに使用します。

重量

モバイル・マルチベイ用カバーを装着したときの重量は1527g。

重さ

スーパーマルチドライブを装着したときの重量は1657g。

富士通LIFEBOOK SH76/DN重量

増設用内蔵バッテリユニットを装着したときの重量は1740g。
どのユニットを装着するかによって重量が異なるので、用途に応じて使い分けるといいでしょう。

あと、LIFEBOOK SH76/DNでは、モバイル利用に配慮した堅牢設計を採用しています。天板からの約200kgf全面加圧試験やPC電源オフ時の落下試験などを実施することで、その堅牢性が検証されています。さらに、3D加速度センサーにより、落下時でも自動的にHDDのデータを保護します。なので、外出先でも安心して使うことができます。

また高速モバイル通信可能なWiMAXも標準で装備しており、簡単にモバイル環境を構築できます。ただし、WiMAXを使用するには、別途契約が必要です。

富士通LIFEBOOK SH76/DN ECO Sleep機能ゼロワットACアダプタ

電源オフ時や休止状態で、バッテリの充電が完了するとACアダプタからの電源供給を抑える「ECO Sleep」機能を搭載しています。これにより電力消費量を抑えることができます。

またバッテリ充電時間が従来の機種と比べて約30%短縮されているため、急な外出時にも安心です。

富士通LIFEBOOK SH76/DNエクスペリエンスインデックス

Windowsエクスペリエンスインデックスの値でLIFEBOOK SH76/DNのパフォーマンスをチェックしてみました(最高スコアは7.9)。

CPUは第2世代Core i7プロセッサを搭載しているため、7.1と高い数値を記録。メモリは8GBを搭載しており7.5と最高スコアを記録しています。しかしグラフィックはチップセット内蔵タイプのインテルHDグラフィックスのため5.9と他の値に比べて低くなっています。ストレージには5400回転のHDDが採用されており、高速回転(7200回転)タイプではないため、こちらのスコアも5.9と伸び悩んでいます。

グラフィックスの値が相対的に低めなので、3Dゲームや動画の編集など、ヘビーなグラフィック処理を行う場合にはちょっときつかもしれませんが、13.3インチノートでそれほどへビューな作業を行うことはほとんどないはずなので、グラフィック性能が問題となる場面はあまりないと思います。ちなみにYoutubeでハイビジョン映像を全画面で再生してみましたが、ほとんどコマ落ちなく再生できました。

プロセッサ、メモリの数値が高めのため、モバイルノートらしからぬ高い基本性能を発揮できるでしょう。パフォーマンスの面でイライラさせられるシーンは少なそうです。

CrystalMark 3.0

ベンチマークテスト(CrystalMark 3.0)を使用してLIFEBOOK SH76/DNのパフォーマンスをチェックしてみました。このベンチマークは、ストレージの読み書きをテストすることにより、そのパフォーマンスを確認します。4KB単位のランダムアクセスの値が低いですね。

CrystalMark 2004R3

ベンチマークテスト(CrystalMark 2004R3)を使用してLIFEBOOK SH76/DNのパフォーマンスをチェックしました。HDDとグラフィックの値がちょっと低めです。

まとめ

LIFEBOOK SH76/DNのプラスだと思う点、マイナスだと思う点をまとめると次の通りです。

プラスだと思う点

  • 約1.5kgと軽量なためどこへでも気軽に持ち運べる
  • 堅牢設計により、外出先でも安心して使える
  • モバイルノートらしからぬ高い基本性能を発揮
  • モバイル・マルチベイ構造の採用により、ニーズに合わせた構成が可能
  • 標準バッテリで10時間程度の長時間駆動が可能

マイナスだと思う点

  • HDDの回転速度が5400回転であり、高速回転タイプ(7200回転)ではないのが残念。ただし、アクセス速度を重視する場合には、SSDを選択できる

このように、LIFEBOOK SH76/DNは、コンパクトな筐体+高性能+堅牢な設計+長時間バッテリ駆動を実現した使い勝手のいいモバイルノートだと思います。デザイン性にも優れているので、外出先でもバリバリ作業したいヘビーユーザーにお勧めできます。

お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
学割クーポン発行中!

学生/教職員の方を対象にお得な学割クーポン発行中!詳しくは、富士通学割クーポンまとめページを確認してください。

富士通 WEB MART 大学生向けノートパソコン

ページのトップへ