特徴/富士通LIFEBOOK SH76/GNレビュー

富士通LIFEBOOK SH76/GNは、13.3インチ液晶を搭載したコンパクトノート。重量は光学ドライブ搭載で1.34kg程度と軽く、さらに光学ドライブ搭載ノートとしては世界最薄となる約23.2mm(最厚部)を実現しており、気軽に持ち運けるモバイルノートと言えます。

CPUには、インテル第二世代Core i5/i7プロセッサから選択できます。 高性能を求める人はCore i7を、コストとパフォーマンスのバランスを取りたい人はCore i5を選ぶと良いでしょう。

ストレージには従来のHDDのほか、高速アクセス可能なSSDも選択できます。アクセス速度重視の場合にはSSDを検討してみるといいかもしれません。あとSSDの特徴として、耐衝撃性に優れているという利点が挙げられます。持ち歩くことの多いモバイルノートですから、落としたときにデータを破損しないようSSDを選ぶという選択肢もありだと思います。

今回レビューするSH76/GNのスペックはCore i5/SSD256GB/メモリ4GBです。

バッテリ駆動時間は、標準バッテリで11.9時間程度と非常に長いため、外出先でもバッテリの残量を気にすることなく作業することができます。

それでは、LIFEBOOK SH76/GNの特徴について詳しく見ていきましょう。

富士通LIFEBOOK SH76/GNレビュー

選択できる天板のカラーリングはマットブラックのみ。

天板

艶なしになっており、光沢加工処理された天板と比べて見栄えはしないのですが、手にしっかりなじみ、持ち歩くときも適度にざらついて非常に持ちやすいです。このあたり、見た目よりも実用性を重視していますね。また、触ってみても、指紋や汚れがつくことがありません。

LIFEBOOK SH76/GN軽い

SH76/GNを持ってみたところです。持ってみるとすごく軽いです。これならどこにでも気軽に持って行けそう。

軽い

持ってみて驚いたのがその薄さ!

軽い

厚さは、1番出っ張っているところでも23.2mmしかありません。光学ドライブ搭載モデルとしては驚異的な薄さです。なのですごくホールドしやすいですね。

雑誌と比較

大きさはA4サイズの雑誌を一回り大きくした感じ。

富士通LIFEBOOK SH76/GN液晶

液晶の表示はすごく綺麗。文字のにじみなどはありません。

この機種では、液晶は光沢加工されていないノングレアタイプの液晶を採用。ただし、SH76/GNでは、光沢加工タイプのスーパーファイン液晶を選択することもできます。

光沢液晶は、色味が豊かなため、特に動画を再生する場合に威力を発揮しますが、その分、どうしても照明などによる映り込みが発生してしまいます。映り込みが気になる人はノングレアタイプを選択すると良いでしょう。

富士通LIFEBOOK SH76/GN液晶

ノングレア液晶のため、照明などによる映り込みは発生していないのがわかります。

液晶

液晶部分も、すごく薄い!

SH76/GN液晶

液晶はここまで開くことができます。

液晶

YouTubeの動画を全画面にして視聴しましたが、すごくクリアでした。

富士通LIFEBOOK SH76/GN液晶

こちらはDVDの動画を映したところ。ちょっと青みがかっていますが、精細感があって綺麗な映像です。

富士通LIFEBOOK SH76/GN液晶

斜めから見ても、このとおりしっかりと表示されます。

解像度

最大解像度は1366×768ドット。13.3インチ液晶としては妥当なレベルです。

Yahoo

Yahoo!のトップページを表示したところです。これだけの表示領域を確保できれば、狭さは感じないと思います。

富士通LIFEBOOK SH76/GNキーボード

このSH76/GNでは、モバイルノートなのにデスクトップと同じほぼ大きさのキーボードを搭載しています(キーピッチは約19mm)。従って、キーボードの操作性は非常に優れています。

キーボード


キーボード

キーボードには、キーの配列が独立したアイソレーションキーボードを搭載。アイソレーションタイプは隣のキーとの間にスペースがあるので、タイプミスを軽減できます。

キーボード

小さすぎて打ちにくいキーも存在せず、イレギュラーなキー配置もありません。頻繁に使用するEnterキーが大きめなので打ちやすいです。

キーボード

キーの文字も大きめなので認識しやすいです。

キーボード

ちょっとわかりづらいのですが、キーの表面がざらついているほか、キーの真ん中が少し窪んでおり、指がすべりにくいよう設計されています。

キーボード

キーの側面が青色になっています。

ブライドタッチ

キーボードはすごく打ちやすいです。快適にブラインドタッチができるのでストレスなく作業を行うことができます。13.3インチ液晶のモバイルノートの場合、キーボードが窮屈だったりして使いづらく感じるモデルが多いのですが、このSH76では、そうした窮屈さは微塵も感じません。これなら、長文を打つユーザーにも受け入れられそうです。

キーストロークはちょっと浅めですが、打鍵感が硬めなので長時間打っていても疲れません。

富士通LIFEBOOK SH76/GNタッチパッド 富士通LIFEBOOK SH76/GNタッチパッド

特筆すべきはタッチパッドの操作性の良さ。表面が適度にざらついており、すごく指の動きになじみます。ポインタを思ったところに移動できるのは爽快感すら感じます。これならマウスを使わなくてもストレスは感じないですね。

タッチパッドの右にあるスクロールパッドの操作性もいいですね。これ、他社ノートではあまり見かけないのですが、このパッドを指で回転状になぞることにより、画面のスクロール操作を行うことができます。慣れると扱いやすい機能ですね。

パームレスト部分も、ざらつきのある加工が施されており、汚れが付きにくくなっています。長時間入力操作を行っていると、パームレスト部分が汗などでべとついて気持ち悪く感じることがあるのですが、この加工のおかげでべとつきはほとんど発生しません。すごく快適です。LIFEBOOK SH76/GNでは、こうした実用性の高さが魅力です。

富士通LIFEBOOK SH76/GNスピーカー 富士通LIFEBOOK SH76/GNスピーカー

キーボード上部の左右にスピーカーが配置されています。音楽を再生してみましたが、高音がちょっとシャリシャリしますね。重低音の響きも今1つ。しかし、このクラスのコンパクトノートで、そこまでのサウンドを追求してもちょっと酷だと思います。 真剣に聞くにはちょっと物足りないレベルかもしれませんが、音割れしたりすることはなく、バックグラウンドで、ながら再生しておくには十分なレベルだと思います。

スピーカーがキーボードの奥にあるので、入力操作しているときに手が邪魔になって音がこもることがないのもいいですね。

ECOボタン

キーボード右上にはECOボタンが配置されています。このボタンを押すと、省電力モードに設定するかどうかの確認画面が表示されます。

ECOボタン

省電力モードに切り替えると、バッテリ駆動時間を延ばすことができますが、その分、使用できない機能が出てくるので注意が必要です。

ECOボタン

ECOモードに切り替わると、ECOランプが点灯します。ECOモードを終了するには、再びECOボタンを押します。

富士通LIFEBOOK SH76/GNモバイルマルチベイ

右側面部にドライブが配置されています。SH76/GNでは、スーパーマルチドライブのほか、ブルーレイディスクを搭載することができます。

富士通LIFEBOOK SH76/GNモバイルマルチベイ

ドライブはトレイ式です。

富士通LIFEBOOK SH76/GNモバイルマルチベイ

左側面部には、USB 3.0端子も搭載されています。

富士通LIFEBOOK SH76/GNモバイルマルチベイ

このLIFEBOOK SH76/GNでは、目的に合わせて装備を変更できるモバイル・マルチベイ構造が採用されています。

装着できるのは、

  • 1)多彩なDVD メディアを利用できる「スーパーマルチドライブ」(標準添付)
  • 2)軽量化を実現する「モバイル・マルチベイ用カバー」(標準添付)
  • 3)外出先や家の壁に大画面で映像を映し出せる「モバイルプロジェクターユニット」(オプション)
  • 4)長時間駆動を実現する「増設用内蔵バッテリユニット」(オプション)

の4つです。

スーパーマルチドライブ スーパーマルチドライブ

底面部にある留め具をずらすだけで、簡単にユニットを取り外すことができます。

スーパーマルチドライブ

これは、標準で装備されるスーパーマルチドライブ。

富士通モバイル・マルチベイ用カバー

これも標準で添付されるモバイル・マルチベイ用カバー。とにかく軽量化を図りたいときに使用します。これを装着したときの重量は約1.22kgとなります。

富士通モバイル・マルチベイ用カバー

あと、LIFEBOOK SH76/GNでは、モバイル利用に配慮した堅牢設計を採用しています。天板からの約200kgf全面加圧試験やPC電源オフ時の落下試験などを実施することで、その堅牢性が検証されています。

富士通モバイル・マルチベイ用カバー

こんな感じで、人が上に立っても壊れたりすることはありません。

また高速モバイル通信可能なWiMAXも標準で装備しており、簡単にモバイル環境を構築できます。ただし、WiMAXを使用するには、別途契約が必要です。

あと、SH76にはクイックスタート機能が装備されています。これを利用すると、約6秒で起動することが可能です。なので、すぐに利用したい場合に重宝します。ただし、この機能を利用するには、電源をオフにするときに通常の「シャットダウン」操作ではなく、電源ボタンを押してオフにする必要があります。

ACアダプタ

SH76では、ACアダプタもコンパクト。スティック形状の軽量アダプタが同梱されています。

ACアダプタ アダプタ

重量は約224g。従来のACアダプタに比べて軽量化が図られています。

アダプタ

また電源コード接続部分も、直角に折れ曲がるようになっており、邪魔にならないような配慮がなされています。

富士通LIFEBOOK SH76/GNエクスペリエンスインデックス

Windowsエクスペリエンスインデックスの値でLIFEBOOK SH76/GNのパフォーマンスをチェックしてみました(最高スコアは7.9)。

CPUは第2世代Core i5プロセッサを搭載しており、7.0と高い数値を記録。メモリは4GBを搭載しており5.9。グラフィックはチップセット内蔵タイプのインテルHDグラフィックスのため4.7。

グラフィックスの値が相対的に低めなので、3Dゲームや動画の編集など、ヘビーなグラフィック処理を行う場合にはちょっときつかもしれませんが、13.3インチノートでそれほどへビューな作業を行うことはほとんどないはずなので、グラフィック性能が問題となる場面はあまりないと思います。ちなみにYoutubeでハイビジョン映像を全画面で再生してみましたが、ほとんどコマ落ちなく再生できました。

モバイルノートらしからぬ高い基本性能を発揮できますが、さらなるパフォーマンス向上を求める場合には、カスタマイズでCPUをCore i7に、メモリを8GBにアップグレードすることができます。

まとめ
富士通LIFEBOOK SH76/GN

LIFEBOOK SH76/GNの特徴をまとめると次のようになります。

まとめると次のとおり。

プラスだと思う点

  • 光学ドライブ搭載で約1.34kgと軽量なためどこへでも気軽に持ち運べる
  • 堅牢設計により、外出先でも安心して使える
  • 非常に薄いながらも光学ドライブを搭載
  • モバイルノートらしからぬ高い基本性能を発揮
  • キーボード入力を快適に行える
  • バイル・マルチベイ構造の採用により、ニーズに合わせた構成が可能
  • 標準バッテリで約11.9時間の長時間駆動が可能
富士通LIFEBOOK SH76/GNエクスペリエンスインデックス

このように、LIFEBOOK SH76/GNは、コンパクトな筐体+高性能+堅牢な設計+長時間バッテリ駆動を実現した使い勝手のいいモバイルノートだと思います。外出先でもバリバリ作業したいヘビーユーザーにお勧めできます。

お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
学割クーポン発行中!

学生/教職員の方を対象にお得な学割クーポン発行中!詳しくは、富士通学割クーポンまとめページを確認してください。

富士通 WEB MART 大学生向けノートパソコン

ページのトップへ