富士通LIFEBOOK WS1レビュー

LIFEBOOK WS1シリーズは、13.3インチ液晶を搭載した高性能なモバイルノート。

富士通LIFEBOOK WS1/B1 レビュー

WS1シリーズは、

  • マルチベイユニットによりニーズに合わせた構成が可能
  • コンパクトなボディで気軽に外に持ち出せる
  • 高い堅牢性を確保

という特徴を備えており、モバイルノートとして非常に高い完成度を誇っています。ここでは、LIFEBOOK WS1シリーズについて詳しくレビューします。

(WS1シリーズの最新モデルはWS1/C2)

ここでは、WS1シリーズの特徴・スペック等について詳しく解説します。

1)コンパクトなボディ

LIFEBOOK WS1は、外に持ち出すことを想定して作られているためコンパクトなつくりになっています。

ボディもスリム。薄さは約19.8mm。片手で掴むことができます。超スリムというところまではいっていませんが、このぐらいの厚みの方が持ちやすいですね。

雑誌と比較するとこんな感じです。

脇に抱えて持ってみました。非常にコンパクトになっているのが分かります。

重量は最小構成で約1.18kg。片手でも持てる重さです。

ボディの剛性も高いので片手で持っても安心。こんな風に、使用中に持ち歩くことができます。

横から見たところ。キーボード操作がしやすいよう、少し傾斜しているのがわかります。

液晶を開いたところ。液晶部分もすごく薄いですね。

フットプリントが小さいので、モニタの脇に置いてサブマシンとして使用するのもありだと思います。

2)スペック/パフォーマンスをチェック!

LIFEBOOK WS1/C2の主なスペックは次のとおり。

モデル WS1/C2
カラー ブラック/ホワイト
OS Windows 10 Pro 64ビット版 /
Windows 10 Home 64ビット版
液晶 13.3インチ
最大解像度 1920×1080ノングレア/2560×1440ノングレア/
2560×1440タッチパネル
CPU 第8世代
Core i5-8250U/
Core i7-8550U
メモリ 4/8/12/20GB DDR4
ストレージ 約128GB SSD/約256GB SSD/約512GB SSD(PCIe)
光学ドライブ DVD/ブルーレイ
寸法 315.8×214×11~19.8mm
重量(最小構成) 約1.18kg

CPUには、インテル8世代Core i5/Core i7プロセッサを選択可能。より高い処理能力を期待できます。

メモリは4/8/12GBに加えて大容量の20GBを搭載可能。

ストレージは、SSDのみを選択可能。128/256/512GBの容量を選べます。512GBのみ、高速アクセス可能なPCIe接続タイプです。

グラフィックスはCPU内蔵タイプのため、描画処理能力はそれほど高くありません。ただWS1シリーズはモバイルノート。このマシンで負荷のかかる動画/画像編集を行うことはまずないと思うので、それほど気にしなくてもいいと思います。

またハイレゾ音源に対応するヘッドホン端子を搭載しているため、ヘッドホンでのハイレゾに対応しています。ハイレゾ対応ヘッドホンを接続すれば、原音に近いサウンドを楽しむことが可能です。

WS1のパフォーマンスをチェックしてみました。

レビュー機の構成は次のとおり。
・Windows10 Home 64ビット版
・ Intel Core i7-8550U (4コア/8スレッド/1.80~4.00GHz)
・20GB (オンボード4GB+16GB) [デュアルチャネル対応]
・約512GB SSD (PCIe接続)

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア。

CPU:8.3
メモリ:8.3
ストレージ:8.7
グラフィックス:6.9

グラフィックスがCPU内蔵タイプのため低めですが、他の項目では高めのスコアを記録しています。モバイルノートとしては高パフォーマンスを発揮できるのがわかります。

描画処理能力をテストするCINEBENCHベンチマークのスコア

OpenGL(描画処理能力):4.40fps
CPU:505cb

ストレージの性能をチェックするCrystalDiskMarkのスコア。

さすがはPCIe接続タイプのSSDを搭載しているだけあって、高いスコアを記録しています。

実際に操作していても、アプリケーションの切り替え等、サクサク快適に動いてくれます。ビジネスアプリ/Web閲覧/動画再生といった、比較的負荷の軽いタスクであれば、ストレスなく処理できました。やはり20GBの大容量メモリ、高速アクセス可能なSSDを搭載しているのが効いていると思います。

ドラゴンクエストベンチマークのスコア。

「1280×720ドット」「最高画質」では「とても快適」という評価。

「1920×1080ドット」「標準品質」では「普通」。

ライトなゲームであれば、解像度を抑えめにすれば十分楽しめるレベルのパフォーマンスを確保しています。

3)美しいデザイン

デザイン面でも高い質感を実現しています。

実用性を重視したモバイルノートながら、デザイン面での訴求力も高いです。

ブラックモデルの場合、ブラックとシルバーのツートンがすごく印象的です。

側面部の端の部分が斜めにカットされており、デザイン上のアクセントになっているのがわかります。光沢があってすごく綺麗です。

天板と底面にマグネシウム合金を採用した「超圧縮ソリッドコア」の堅牢ボディを採用。高い堅牢性を確保しています。天板全体に約200kgfの荷重がかかっても耐えることができます。したがって満員電車で押されても安心。

4)ブラックとホワイトのカラーリングを用意

LIFEBOOK WS1シリーズでは、ブラックとホワイトの2つのカラーリングが用意されています。イベントで2つのカラーリングモデルが展示されていたので比較してみました。

ブラックがつや消し加工になっているのに対し、ホワイトは光沢加工になっています。

ホワイトは、天板部分だけでなくキーボード周辺部、キーもホワイトになっているのに対し、ブラックモデルは、キーはブラックですが、周辺部はシルバーになっています。

こちらはブラックモデル。

こちらはホワイトモデル。

ホワイトモデルは底面部もホワイト。

ブラックモデルはブラックになっています。

5)モバイル・マルチベイを搭載

LIFEBOOK WS1シリーズの大きな特徴として、モバイル・マルチベイを搭載している点が挙げられます。モバイル・マルチベイを利用すれば、光学ドライブユニットを取り外して、各種ユニットに交換することが可能です。

背面部のラッチをずらせば、簡単にモバイル・マルチベイユニットを取り外せます。

力はほとんどいりません。

用意されているパーツは次の4つ。

・モバイル・マルチベイ用カバー:軽量化することができる(標準装備)
・スーパーマルチドライブ:ディスクを使用する際に利用(標準装備)
・増設用内蔵ハードディスクユニット:大容量データを保存(オプション)
・増設用内蔵バッテリユニット:長時間駆動可能(オプション)

ニーズに合わせた構成にすることができます。

上の写真の左から、スーパーマルチドライブ、増設用バッテリユニット、カバーです。

カバーの重量は14g。

スーパーマルチドライブの重量は114g。

増設用バッテリユニットの重量は211g。

そのときのニーズに合わせて構成を変えられるのは便利ですね。普段はカバーを装着して軽量化し、光学ドライブを使うときはスーパーマルチドライブ、外出時間が長いときは増設用バッテリユニット、大容量データが必要なときはハードディスクユニットを装着すればOKです。この仕様に魅力を感じる人、多そうですね。

6)各パーツをチェック

液晶は13.3インチパネルを搭載。1920×1080ドットノングレアパネル/2560×1440ドットノングレアパネル/2560×1440ドットグレアタッチパネルのいずれかを選べます。

2560×1440ドットのパネルを選択すれば、非常に精細感の高い表示が可能。複数のウィンドウを並べて表示できるので作業効率をアップできます。

またノングレアパネルも用意してくれているのはうれしいですね。映り込みが発生しにくいので、長時間作業する場合でも目が疲れにくいと思います。

レビューしたマシンの液晶は1920×1080ドットのノングレアパネル。

非常に視野角が広く、

かなり斜め方向から見ても、表示をはっきりと確認できます。

画面表示もすごく精細感が高くて綺麗。色の表現も非常に鮮やかです。黒もしっかり表現されます。

文字つぶれもありません。

動きの早いスポーツも堪能できます。

キーボードは、キーがそれぞれ独立したセパレートタイプを採用。

変則的なキーの配置、小さなキーがないのですごく使いやすいです。

頻繁に利用するEnterキーが大きめなので打ちやすいです。あと矢印キーが下にはみ出す形となっているため使いやすいですね。

キーの表面もそれほどつるつるしていなくて触り心地がいいです。キー上の文字も大きめで見やすいですね。

キーストロークは1.2mmを確保しており、非常に押しやすいです。また、強く押してもキーボードがたわんだりすることはありません。十分な強度が確保されています。

キーピッチも十分な幅を確保。

モバイルノートながら、長文入力も快適にこなせるキーボードを搭載しています。

キーボードを操作しているときにカチャカチャという音を抑える設計になっており、30dB以下の静音性を維持。静かな環境でも気兼ねなく使用することができます。

タッチパッドは、クリックボタンが別になったタイプを採用。

タッチパッドは適度な広さで反応も良好です。

クリックボタン部分の幅も広めで押しやすいです。

パームレスト部分の表面はサラサラしており、長時間作業していてもべとつかず快適です。

パームレストの右には指紋センサーが搭載されています。

キーボードの右上には電源ボタン、ECOボタン、状態表示LEDが配置されています。

ECOボタンを押すことで、省電力モードのオン/オフを切り替えることが可能。状況に応じて切り替えることで、バッテリ駆動時間を延ばすことができます。

左側面部には、ヘッドホン端子、USB Type-C、HDMI、VGA、LAN端子、電源端子が配置されています(WS1/B3の場合)。

映像出力端子として、普及の進むHDMIに加えて、レガシーのVGAも搭載しているのはうれしいですね。旧式のプロジェクタに接続する際にはVGAを介して接続する必要があるので、VGAがあると何かと便利です。

電源ケーブルを接続したところ。L型コネクタを採用しているため、スペースをとることなくケーブルを接続できるのがわかります。

右側面部。左から順に、USB3.0、マルチベイ、USB3.0が配置されています。
USB端子が両側面部に配置されているので使いやすいですね。

前面部。右側に状態表示LEDとダイレクト・メモリースロットが配置されています。前面部にメモリースロットが配置されているので、SDカードの出し入れがしやすいです。

電源をオンにすると、こんな風にLEDライトが点灯し、マシンの状態を一目で確認できます。

また前面部の左右にスピーカーが配置されています。

底面部。バッテリ部分はカバーで覆われており、すっきりとしたデザインになっています。

左右にあるノッチをずらすだけで、カバーを簡単に脱着可能です。

カバーを外したところ。

バッテリが姿を現しました。

バッテリも取り外すことができます。

標準で4セルのバッテリ(3400mAh)が装着されていますが、オプションで2倍の容量を持つ6セルバッテリ(6800mAh)を選択することも可能。

長時間駆動したい人は大容量の6セルバッテリを選択することをオススメします。

4セルバッテリの重量は236g。

6セルバッテリの重量は322gです。

底面部の真ん中の部分は、ネジを1つ緩めるだけで簡単に外せます。

ここにはメモリモジュールが配置されてます。

モバイルノートなので同梱されるACアダプタもすごくコンパクト。

細長い形状をしています。

すごく持ちやすいですね。このコンパクトさであれば、かばんに一緒に入れておいても邪魔にならなくていいですね。

電源ケーブルとACアダプタを合わせた重量は約237g。

まとめ

以上、LIFEBOOK WS1シリーズについて詳しく解説してきました。その特徴をまとめると次のとおり。

WS1シリーズの特徴

  • キーボード/タッチパッドが使いやすい
  • マルチベイユニットによりニーズに合わせた構成が可能
  • コンパクトなボディで気軽に外に持ち出せる
  • 高解像度液晶を搭載可能。最大解像度が高いパネルを選べ、広い表示領域を確保できるほか、表示もすごく綺麗
  • 豊富なインタフェースを搭載
  • 高い堅牢性を確保

このように非常に完成度の高いモバイルノートに仕上がっていると思います。実用性に優れたモバイルノートを探している人にお勧めです。

特別クーポンでさらにお得に購入!

最新モデルLIFEBOOK WS1/C2に特別クーポンを適用すれば、通常価格よりも割引されるお得なキャンペーン実施中です (今回のクーポンは当サイト向け特別クーポンです。クーポンの割引率が変更になったり、クーポンの発行自体が終了する可能性もあるのでご注意ください。また価格コムやポイントサイトでは基本的に活用できないクーポンコードです)。

LIFEBOOK WS1/C2
13.3インチ液晶搭載のモバイルノート
一般割引率23%

特別割引率 28% (5%アップ)

特別クーポンコード→PGG25LSJ

(*一般割引率は5/15時点の割引き率です)

*特別クーポンのクーポンコード/利用方法については、「当サイト向け特別クーポンを利用すればお得に購入できます!」を参照してください。

学割クーポン発行中!

学生/教職員の方を対象にお得な学割クーポン発行中!詳しくは、富士通学割クーポンまとめページを確認してください。

icon icon
お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ページのトップへ