富士通ESPRIMO WD-G/D1 レビュー

サイトマップ
富士通FMVパソコン比較購入ガイド 富士通 パソコン
富士通パソコンの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、富士通ESPRIMO WD-G/D1を詳しくレビューしています。
富士通FMVパソコン比較購入ガイドTOP > 富士通ESPRIMO WD-G/D1レビュー
ESPRIMO WD-G/D1レビュー

富士通ESPRIMO WD-G/D1は、高性能グラフィックス搭載のハイパフォーマンスデスクトップPC。店頭では販売されておらず直販専用モデルとなっています。

ワークステーションをベースとしたハイパワーを実現しており、ゲームを快適に楽しめる仕様になっています。

富士通ESPRIMO WD-G/D1レビュー
主な特徴は次のとおり。

・高性能グラフィックス搭載のハイパフォーマンスデスクトップPC
・ワークステーションをベースとしており、高い信頼性を確保
・6コア/12スレッドの第8世代インテルCore i7-8700プロセッサ搭載
・最新のNVIDIA GeForce RTX 2080 miniを搭載
・NVMe接続SSD+HDDのハイブリッド構成
・容易にカスタマイズ可能
・ブラックを基調とした落ち着いたデザイン
・ハイパフォーマンスマシンとしてはコンパクトなボディ


イベントでESPRIMO WD-G/D1に触ることができたので、ここではESPRIMO WD-G/D1の特徴・スペック等について詳しくレビューしたいと思います。

ゲームも楽しめるスペックのデスクトップマシン

ESPRIMO WD-G/D1は、高性能なグラフィックスを搭載したハイパフォーマンスPC。ゲーミングマシンとは銘打っていませんが、ゲームを快適に楽しむことを念頭に置いた設計になっています。

ESPRIMO WD-G/D1の主なスペックは次のとおり。

モデル
ESPRIMO WD-G/D1
OS
Windows 10 Pro 64ビット版
CPU
Intel Core i7-8700 (6コア/12スレッド/3.20〜4.60GHz)
メモリ
8/16/32GB
ストレージ
約256/約512GB SSD
2nd HDD
約3TB HDD
ドライブ
スーパーマルチドライブ
グラフィック

NVIDIA GeForce RTX2080 mini


CPUには第8世代インテルCore i7-8700を搭載。インテルプロセッサシリーズの上位に位置づけられるプロセッサです。


一般的には4コア/8スレッドを搭載したモデルが多いのですが、Core i7-8700では6コア/12スレッドを搭載しており、複数タスクを同時実行する能力に長けています。

メモリは8GB/16GB/32GBを構成可能。メモリスロットは4つです。32GBという大容量メモリを搭載できるので、余裕のあるパフォーマンスを確保したい人にとってはありがたいと思います。

ストレージは、1stストレージにSSD、2ndストレージ3TB HDDを搭載。SSD+HDDのハイブリッド構成になっており、高速アクセス可能なSSDと大容量データ保存可能なHDDのいいとこ取りが可能です。


構成を確認したところ、サムスン製のSSDと東芝製のHDDを搭載しています。

SSDは256GB/512GBのいずれかを選択可能。いずれも、SATA接続よりも高速アクセスできるNVMe接続SSDです。

光学ドライブはDVDスーパーマルチを搭載。ブルーレイディスクは選択できません。

グラフィックスは、NVIDIAの最新シリーズGeForce RTXシリーズのハイエンドモデルGeForce GTX 2080 miniを搭載してます。

「GeForce RTX2080 mini」は、ネーミングのとおり、大きさが小さいだけです。担当者によると、性能は「mini」がついていない通常モデルと同等とのこと。


会場には、GeForce RTX2080 mini単体が展示されていました。


なるほどコンパクトなつくりになっています。

ESPRIMO WD-G/D1は、常時稼働が求められるワークステーションをベースとして設計されているため、高い信頼性を誇ります。

ブラックを基調としたデザイン


ESPRIMO WD-G/D1は、ブラックを基調とした落ち着いたデザインを採用。


前面部の右にはレッドがアクセントとして使われています。

赤いところを光らせてもいいか、と開発陣は言ってきたみたいですが、残念ながら、光らない仕様になっています。

奇抜な感じもしないので、置き場所に困ることはないと思います。


ミニタワー型ボディを採用していますが、奥行きは短め。


性能にこだわると、ボディが大きくなりがちですが、ESPRIMO WD-G/D1はそれほど大きくはありません。


グラフィックスにGeForce RTX 2080 miniを搭載していることからもわかるとおり、できるだけコンパクトなつくりになるよう設計されてる感じです。

各パーツをチェック


前面部。


一番上に光学ドライブ。


中段右に電源ボタン、その下に端子類が配置されています。


ハイパフォーマンスPCのため、排気を効率的に実行できるよう、通気孔が大きくとられているのがわかりますね。



左側面部には、取っ手が配置されており、簡単に筐体内部にアクセスできる仕様になっています。


背面部。


上段に電源端子。


中段左に端子類。


その下にグラフィックカードの端子類が配置されているのが見えます。実機で確認したところ、DisplayPort×3、HDMI×1、USB Type-C×1が配置されているようです。

容易にカスタマス可能


ESPRIMO WD-G/D1は、ゲームを楽しめるよう設計されたハイパフォーマンスマシンです。


なので、それぞれのニーズに合わせて簡単にカスタマイズできるよう、筐体内部には容易にアクセスすることができます。左側面部の取っ手をつかむだけで簡単に取り外せます。


右上に光沢ドライブ、左上に電源ユニット、真ん中にマザーボード、一番下にストレージが配置されています。


光学ドライブ。


電源ユニット。

MAX. CONTINUOUS OUTPUT POWER→360W
MAX. SURGE OUTPUT POWER→400W(20sec)
となっています。


マザーボード。

中央にCPU冷却ファン、その右にメモリスロット×4が配置されています。


メモリスロットの右下にSSDが配置されています。


マザーボードの下の方にグラフィックカードが配置されています。

一番下にはストレージベイが2つ配置されています。右のベイにHDDが配置されています。

スペースに余裕があるので、カスタマイズ作業もしやすいと思います。

まとめ



以上、ESPRIMO WD-G/D1について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・高性能グラフィックス搭載のハイパフォーマンスデスクトップPC
・ワークステーションををベースとしており、高い信頼性を確保
・6コア/12スレッドの第8世代インテルCore i7-8700プロセッサ搭載
・最新のNVIDIA GeForce RTX 2080 miniを搭載
・NVMe接続SSD+HDDのハイブリッド構成
・容易にカスタマイズ可能
・ブラックを基調とした落ち着いたデザイン
・ハイパフォーマンスマシンとしてはコンパクトなボディ


ESPRIMO WD-G/D1をお得に購入できる! new!

ESPRIMO WD-G/D1に特別クーポンを適用すれば、通常価格よりも割引されるお得なキャンペーン実施中です(今回のクーポンは当サイト向け特別クーポンです。クーポンの割引率が変更になったり、クーポンの発行自体が終了する可能性もあるのでご注意ください。また価格コムやポイントサイトでは基本的に活用できないクーポンコードです。

●ESPRIMO WD-G/D1

一般割引率18%→特別割引率20% (2%アップ)
特別クーポンコード→PXY313LSJ
(*一般割引率は3/13時点の割引き率です)

→富士通購入ページ:ESPRIMO WD-G/D1詳細情報 icon

*特別クーポンのクーポンコード/利用方法については、「当サイト向け特別クーポンを利用すればお得に購入できます!」を参照してください。

学割クーポン発行中!

学生/教職員の方を対象にお得な学割クーポン発行中!詳しくは、富士通学割クーポンまとめページを確認してください。

icon icon

お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

富士通FMVパソコン比較購入ガイド