ESPRIMO WD2シリーズレビュー

富士通ESPRIMO WD2シリーズは、スリムタイプのデスクトップPC。店頭では販売されておらず直販専用モデルとなっています。

Web直販専用モデルということでカスタマイズの幅が広く、エントリーマシンからハイエンドマシンまで様々なニーズを満たす構成に仕上げることができます。このカスタマイズの柔軟性が受けて、WD2は富士通デスクトップの中で高い人気を誇っています。

富士通ESPRIMO WD2レビュー

主な特徴は次のとおり。

  • PCと液晶が別々となるセパレートタイプマシン
  • 直販でのみ購入可能
  • 本体自体がすごくスリムなので設置場所をとらない。横置きも可能
  • エントリーレベルの構成からインテルCore i7プロセッサ/大容量メモリ/高性能グラフィックス/SSD+HDD構成のハイエンド構成に至るまで、多様なカスタマイズが可能
  • 3年保証がついている

ここでは、ESPRIMO WD2シリーズの特徴・スペック等について詳しくレビューしたいと思います。

*WD2シリーズの最新モデルはWD2/D1です。旧モデルのWD2/C2も併売されています。ボディは同じでスペックも共通している部分が多いです。WD2/D1とWD2/C2のスペックの比較については、WD2/D1とWD2/C2の比較を参照してください。

1)スリムなボディ

WD2の筐体の特徴は、なんといってもコンパクトでスリムだということ。

片手で簡単に掴むことができます。
幅は8.9cm以下しかありません。これなら狭い場所にも問題なく設置することができます。

安定性を確保するためのスタンドが同梱されています。

ネジで本体と固定できるようになっています。

スタンドを装着するとかなり安定します。ちょっと触ったぐらいでは、まったくぐらつかないですね。

24インチ液晶モニタと接続してみました。ボディのスリムさが際立ちます。

PC本体がコンパクトなので、それほど存在感がありません。

右側面部には滑り止めが配置されており、この面を下にして横置きすることもできます。

横置きするとこんな感じ。

カラーリングはサテンブラックのみ。落ち着いたデザインなので、置き場所に困りません。リビングにも仕事部屋やオフィスにも違和感なく置けると思います。

富士通からは、WD2よりもさらにコンパクトなデスクトップPCとしてWD1が用意されています。上の写真の左がWD2、右がWD1です(WD1のレビューはこちら)。

WD2とWD1の大きさ比較すると次のとおり。

モデル WD1 WD2
大きさ 54×188×185mm 89×343×332mm
最小重量 約2.1kg 約6.8kg

省スペース性を重視するならWD1を検討してみるのもありだと思います。

2)多様なカスタマイズが可能

WD2の主なスペックは次のとおり。現在WD2/C2と後継モデルのWD2/D1が併売されています。

モデル WD2/C2 WD2/D1 new!
OS Windows 10 Pro 64ビット版/
Windows 10 Home 64ビット版
CPU Intel Celeron G4900
(2コア/2スレッド/3.10GHz)
Intel Core i3-8100
(4コア/4スレッド/3.60GHz)/
Intel Core i5-8500
(6コア/6スレッド/3.00~4.10GHz)/
Intel Core i7-8700
(6コア/12スレッド/3.20~4.60GHz)
Intel Celeron G4900
(2コア/2スレッド/3.10GHz)
Intel Core i3-8100
(4コア/4スレッド/3.60GHz)/
Intel Core i5-8500
(6コア/6スレッド/3.00~4.10GHz)/
Intel Core i7-8700
(6コア/12スレッド/3.20~4.60GHz)
メモリ 4GB/8GB/16GB/32GB
ストレージ ・SSD 約1TB (NVMe)
・SSD 約512GB (NVMe)
・SSD 約256GB (NVMe)
・HDD 約3TB
(Serial ATA、7,200回転/分)
・HDD 約1TB
(Serial ATA、7,200回転/分)
・HDD 約500GB
(Serial ATA、7,200回転/分)
・SSD 約1TB (NVMe)
SSD 約1TB (SATA)
・SSD 約512GB (NVMe)
・SSD 約256GB (NVMe)
・HDD 約3TB
(Serial ATA、7,200回転/分)
・HDD 約1TB
(Serial ATA、7,200回転/分)
・HDD 約500GB
(Serial ATA、7,200回転/分)
2nd HDD なし/約3TB HDD
ドライブ スーパーマルチドライブ/
BDXL(TM)対応 Blu-ray Discドライブ
グラフィック CPU内蔵/
NVIDIA Quadro P620
(専用ビデオメモリ2GB)/
NVIDIA GeForce GTX 1050
【サードパーティ製品】
(専用ビデオメモリ2GB)
CPU内蔵/
NVIDIA Quadro P620
(専用ビデオメモリ2GB)/
NVIDIA GeForce GTX 1050Ti
(専用ビデオメモリ4GB)
拡張スロット PCI Express x16、PCI Express x1

WD2/C2とWD2/D1の構成は共通する部分が多いですね。主な違いは、WD2/D1ではSSD 約1TB (SATA)が選択できる点とNVIDIA GeForce GTX 1050Tiが選べるようになった点です。

【CPU】

いずれもインテルCeleron、第8世代インテルCore i3/i5/i7の中から選択可能です。多彩な選択肢が用意されています。

【メモリ】

メモリは4GB/8GB/16GB/32GBを構成可能。メモリスロットは4つです。32GBまでメモリを構成できるモデルは珍しいですね。メモリ容量が大きければ大きいほど作業効率をアップできるので性能重視の人にとってはありがたいと思います。

【ストレージ】

ストレージは、HDDに加えて高速アクセスなSSDを選べます。

また2ndストレージ(なし/約3TB HDD)を選択することができ、1stストレージにSSD、2ndストレージにHDDを搭載することで、SSDの高速性とHDDの大容量データ保存という両方のメリットを同時に享受できます。

最近こうしたSSDとHDDを組み合わせたスペックを持つマシンが増えてきましたね。SSDの価格が下落傾向にあることから、こうしたスペックが実現していると思うのですが、より高速なアクセスを実現したい人であれば、このオプションを検討してみるのもありかもしれません。

【光学ドライブ】

光学ドライブはDVDスーパーマルチに加えて、ブルーレイディスクも搭載可能。

【グラフィックス】

グラフィックスは、WD2/D1では、CPU内蔵タイプに加えて、NVIDIA GeForce GTX1050Ti、さらには3DCG作成や動画編集などに最適なNVIDIA Quadroも搭載可能。本格的なグラフィック編集作業にも利用できます。

WD2/C2では、NVIDIA GeForce GTX 1050を搭載できましたが、サードパーティ製品のため、別箱で届けられ、ユーザー自身で取付、ドライバ等のインストールを行う必要がありました。

WD2/D1ではGeForce GTX1050Tiを選ぶと、メーカー側で搭載されるため、こうした手間は不要になります。

拡張カードは最新のUSB3.1(Gen2)Type-Cの選択も可能です。ただし、高性能グラフィックスとType-Cの同時搭載はできないので注意が必要です。

ワイヤレスもオプションで用意されています。最新のIEEE 802.11 acにも対応しているため、ac環境が整っていれば高速アクセスが可能。

このようにWD2では、多様なパーツをカスタマイズすることができ、自分のニーズにぴったりの構成に仕上げることができます。

次にWD2のパフォーマンスをチェックしてみましょう。

今回レビューした構成は次のとおり。

【WD2/D1】
CPU:インテルCore i7-8700
メモリ:32GB
ストレージ:256GB SSD
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1050Ti

こちらはCPUの性能を計測するCINEBENCHの結果。

CPU:1058→1000点台を記録しており、高い性能を発揮できます。

ストレージの性能をチェックするCINEBENCHベンチマークのスコア。

高速アクセス可能なNVMeタイプのSSDを搭載しているだけあって高いスコアを記録。データの読み取り/書き込みを高速に行うことができます。

負荷が軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」のベンチマークソフトのスコア。

「最高品質」「1920×1080」でスコアは「20869」、評価は「すごく快適」。

負荷が中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレータ」のベンチマークソフトのスコア。

「最高品質」「1920×1080」でスコアは「7283」、評価は「非常に快適」。

負荷がそれほどかからないゲームであれば、快適に楽しめるとの結果が出ています。

基本スペックが充実しているだけあって 全般的にパフォーマンスは高め。実際に操作していても、動作が非常にキビキビしていてストレスを感じるシーンは少ないです。

3)各パーツをチェック

次にWD2の各パーツについてチェックしてみました。

前面部。

右上に電源ボタン、その下にステータスライトが配置されています。

光学ドライブにアクセスするには、前面部左上にあるフタを手で開ける必要があります。

光学ドライブのトレイを引き出したところ。

前面部右下に端子類が配置されています。

ここに、USB 3.1×2、マイク端子、ヘッドホン端子が配置されています。

前面部にUSB端子があると、何かと便利です。

なおWD2には、SDカードリーダーは搭載されていないので、SDカードを利用する人は注意が必要です。

背面部を見てみましょう。

上段に電源コネクタが見えます。2つコネクタが見えますが、右側のコネクタは、モニタの電源コードのコンセントを差し込むためのものです。また電源スイッチも配置されています。

モニタの電源コードを接続することで、モニタとPCの電源を連動させることが可能になります。

中段上部には、DVI-D端子を配置。その下にはUSB3.0×2、USB2.0×2、DisplayPortが配置されています。

下段の右には、拡張カード用のブラケットが配置されています。レビューしたマシンにはNVIDIA GeForce GTX 1050Tiを搭載。端子として、DisplayPortコネクタ×3、DVI-Dコネクタ(24ピン)×1、HDMI出力端子×1が配置されています。

左下にも端子類が配置されており、USB 3.0×2、LAN端子、PS/2端子×2、オーディオ端子が搭載されています。

こちらはグラフィックにQuadro P620を搭載したモデル。端子として、miniDisplayPort×4が配置されています(*写真では左側のスロットにグラフィックボードが搭載されていますが、現モデルでは右側に搭載されています)。

Quadro P620には、miniDisplayPort端子しか搭載されていません。

モニタ側にminiDisplayPortがあればいいのですが、搭載していないモニタも多いので、Quadro P620を選択した場合には、MiniDisplayPort→DisplayPort変換アダプタが1つ同梱されています。

したがってDisplayPortを備えたモニタの場合には、この変換アダプタとDisplayPortケーブルを使ってモニタに出力することが可能です。

まとめ

以上、ESPRIMO WD2について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

ESPRIMO WD2/C1

  • PCと液晶が別々となるセパレートタイプマシン
  • 直販でのみ購入可能
  • 本体自体がすごくスリムなので設置場所をとらない。横置きも可能
  • エントリーレベルの構成からインテルCore i7プロセッサ/大容量メモリ/高性能グラフィックス/SSD+HDD構成のハイエンド構成に至るまで、多様なカスタマイズが可能
  • 3年保証がついている

スリムタイプで設置面積をとらないのに、多様なカスタマイズが可能なので、高い人気を誇るのも頷けます。直販モデルなので3年保証が付いているのもいいですね。万人にお勧めしたいデスクトップです。

特別クーポンでさらにお得に購入できる!

最新モデルESPRIMO WD2/D1に特別クーポンを適用すれば、通常価格よりも割引されるお得なキャンペーン実施中です(今回のクーポンは当サイト向け特別クーポンです。クーポンの割引率が変更になったり、クーポンの発行自体が終了する可能性もあるのでご注意ください。また価格コムやポイントサイトでは基本的に活用できないクーポンコードです)。

ESPRIMO WD2/D1
一般割引率20%

特別割引率 22% (2%アップ)

特別クーポンコード→ODS106LSJ

(*一般割引率は5/15時点の割引き率です)

*特別クーポンのクーポンコード/利用方法については、「当サイト向け特別クーポンを利用すればお得に購入できます!」を参照してください。

学割クーポン発行中!

学生/教職員の方を対象にお得な学割クーポン発行中!詳しくは、富士通学割クーポンまとめページを確認してください。

icon icon
お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ページのトップへ