富士通arrwos Tab WR1/X(RH77/X)レビュー

富士通のarrwos Tab WR1/X(店頭モデルRH77/X)は、ハイパフォーマンスとモビリティを両立させたスタイリッシュ薄型軽量タブレットです。

富士通arrwos Tab WR1/X(RH77/X)レビュー

イベントでWR1/Xに触ることができたので詳しくレビューします。

arrwos Tab WR1/Xの主なスペックは次のとおり。

WR1/Xスペック

モデル WR1/X
(店頭モデルRH77/X)
液晶 12.5
最大解像度 1920×1080
タッチパネル
CPU インテルCore i5-6200U
メモリ 4GB
ストレージ 約128/約256GB SSD
端子類 microSD対応カードリーダー、USB3.0、Mini DisplayPort
ワイヤレス IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠/
Bluetooth v4.1準拠
カバーキーボード 有り/無し
最長バッテリ駆動時間 約8時間(JEITA 2.0)
寸法 319×201.3×9.5mm(タブレット単体)/
319×201.3×14.7mm(カバーキーボード装着時)
最軽量重量 約890g(タブレット単体)/
約1.25kg(カバーキーボード装着時)

CPUはインテル第6世代Core i5-6200U、メモリは4GBを搭載。ストレージには、HDDに比べて高速アクセス可能なSSD(約128/256GB)が搭載されています。

このスペックを見ると、タブレットとしてはかなり充実した構成になっていますね。Web閲覧/メール/動画再生といった比較的負荷の軽いタスクであればストレス無く処理できそう。

ワイヤレスは最新の規格acに対応しています。

インタフェースとして、microSD対応カードリーダー、USB3.0、Mini DisplayPortを装備しています。

WR1/Xでは12.5インチ液晶を搭載。

精細感が高く、表示はすごく綺麗です。

厚みは9.5mm。

重量は約890gあります。

カラーリングはシルバー。落ち着いた質感です。

背面部分にスタンドが装備されており、スタンドを引き出すことで自立することが可能。

こんな感じで立たせることができます。

傾きは微調整可能なので、自分の好きな角度にすることができます。

WR1/Xではオプションでカバーキーボードを付けることが可能。

これを装着することで、ノートPCのように使えます。

キーがそれぞれ独立したセパレートタイプを採用しているので、非常に打ちやすいです。

キーピッチは、デスクトップのキーボード並みの約19mmを確保。したがって快適なキータイピングが可能。

タッチパッドはクリックボタンが別になったタイプです。

キーボードを横から見たところ。非常に薄いです。

このカバーキーボード、名前のとおりカバーも兼ねています。

こんな感じで本体を保護しながら持ち歩けます。

オプションで拡張クレードルも用意されています。

拡張クレードルを使えば、多彩な端子類を使用することが可能。

まとめ

以上、arrwos Tab WR1/Xに触ってみた感想でした。まとめると次のとおり。

WA1/A3・WA2/Aの特徴

  • 12.5インチのタッチパネルを搭載したWindows 10タブレット
  • インテル第6世代Core i5プロセッサ+SSDという充実した構成
  • 最大約8時間の長時間駆動が可能
  • 着脱式キーボード(オプション)を装着すれば、ノートPCのように使用することが可能

arrwos Tab WR1/Xは、タブレットでありながら高い基本性能を誇ります。脱着式キーボードを装着することでノートPCのように使うこともできるので、ニーズに合わせた使い方が可能です。

学割クーポン発行中!

学生/教職員の方を対象にお得な学割クーポン発行中!詳しくは、富士通学割クーポンまとめページを確認してください。

icon icon
お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ページのトップへ